インプラント 築地 でインプラント 歯科治療をご検討なら築地駅前の歯科医院にて。

インプラント こばやしデンタルクリニック
築地にあるこばやしデンタルクリニックのインプラント
こばやしデンタルクリニックのトップページ
医院のご紹介
治療内容
一般治療
インプラント治療内容
ホワイトニング
審美歯科
歯周治療
金属床義歯
小児歯科
口腔外科
矯正歯科
クリーニング
関連医院
ITDN-TOKYO
つきしま歯科
アクセス
お問合せ

◆携帯電話向けホームページ◆
こばやしデンタルクリニック 築地 モバイルサイトは
こちらからアクセス!

http://katy.jp/kobadental/


こばやしデンタルクリニック インプラント
東京都中央区築地3-4-7 2F 日比谷線築地駅スグ TEL:03-5565-1876
こばやしデンタルクリニック インプラントとは。。
・インプラントとは、失った歯(天然歯根)の代用となる人工歯根のことです。天然歯に最も近く、第二の永久歯と言われています。
・虫歯や歯周病または事故などで失われた歯の場所に人工の歯根(インプラント材)を 埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法を「インプラント治療」と呼んでいます。
こばやしデンタルクリニック インプラント材
こばやしデンタルクリニック インプラント治療の利点とは。。
・自然な外観で美しい歯並びを取り戻すことができ、人前で話すことも気になりません。
・従来の取り外し式入れ歯と違い、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛むことができます。また、骨と一体化することで、かみ合わせの力が天然歯と同様の強度があります。
・入れ歯のような違和感がなく、健康な歯に悪影響を与えることもありません。
・噛む機能が回復することで、食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
・楽しい食事は、体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。
こばやしデンタルクリニック 身体への影響は。。
インプラントの素材である純チタンは、生物学的に安全で、腐食しません。また表面に使用しているハイドロキシアパタイトは、骨にくっつき一体化する性質があり、毒性がない ことから口の中に直接埋め込んでもアレルギー反応や歯周病を発生することがありません。身体にやさしい材料を使用しています。
こばやしデンタルクリニック インプラント治療と従来の治療法との違い
失った歯の修復法として、従来は人工クラウンやブリッジ、 取り外し式の部分的な入れ歯、総入れ歯が利用されてきました。しかしこうした代用物を口の中に確実に固定 させるためには、隣の健康な歯を削らなければならないといった問題があり、また歯根までもを回復させるすべはなく 歯がなくなることによってできた顎の骨の中の空洞は放置されたままでしたので、顎骨が萎縮する危険がありました。
インプラント治療 従来の治療
1本だけ歯をなくした場合
1本なくした場合のインプラント治療
両端の健康な歯をまったく削ることなく、歯の無い部分にインプラントを入れます。 噛む力も分散されるので健康な歯への 負担もありません。見た目にも自然です。
 
1本だけ歯をなくした場合
1本なくした場合の従来の治療
失った歯の両隣の健康な歯を削ってブリッジを取り付けます。失った歯の歯根はそのままなので時間の経過とももに歯ぐきが下がり見た目も不自然になります。
 
数本の歯をなくした場合
数本なくした場合のインプラント治療
針金付きの入れ歯ではなく、歯の無い 部分に適切な数のインプラントを入れ固定式の人工歯を取り付けますのでガタつきもなく、天然歯と同じような感覚で噛むことができます。
 
数本の歯をなくした場合
数本なくした場合の従来の治療
入れ歯を固定するための針金が見た目にも 機能的にも不快です。なれるのに時間がかかり、またまわりの健康な歯や歯ぐきにも負担がかかります。
 
東京都中央区築地3-4-7 2F 日比谷線築地駅スグ TEL:03-5565-1876 全部の歯をなくした場合
全部の歯をなくした場合のインプラント治療
インプラントを数本埋め込み、上部をバー状の維持装置で連結し、入れ歯をしっかり固定します。アゴの骨に固定されるので、ズレることもなく、力を入れて噛むことができます。天然の歯のように食事が楽しめます。
 
全部の歯をなくした場合
全部の歯をなくした場合の従来の治療
入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。 また慣れるのに時間がかかり、不安定で噛むのに苦労し、食事が楽しめず、発音もしにくくなります。
 
こばやしデンタルクリニック インプラント治療の流れ
埋入手術は局所麻酔下で行います。歯ぐきを切開し、顎の骨にインプラントを 埋入し傷を縫合します。やがてインプラントは周囲の骨と結合し、安定します。インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に 検診を行い、状態をチェックします。完全に結合されるまで約6〜24週間待ち、それを確認後、修復歯 をかぶせます。治療後はしっかりと噛むことができます。
治療法は患者さんの症状、状態により異なります。失った歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、位置、大きさ等によりさまざまな選択技があります。総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。
こばやしデンタルクリニック
◆STEP 1 → 診断と治療計画
こばやしデンタルクリニック
 模型やレントゲンなどによる十分な診査診断を行い、治療計画についての説明を受けます。
◆STEP 2 → インプラント手術
 歯のないところへチタン製の小さなネジのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。
◆STEP 3 → インプラントと骨が結合するのを待つ
 インプラントと骨がしっかりとくっつくまで約6〜24週間待ちます。この期間、 一般的にはインプラントの上に仮歯を入れておきます。(骨の状態など様々な条件により異なります)
こばやしデンタルクリニック
◆STEP 4 → 歯の装着
こばやしデンタルクリニック
 インプラントの上にアタッチメント(土台)を取り付け、医療用セメントを用いて、歯を装着します。 これでインプラント治療は一応終了となります。
 ※インプラント治療後はホームケアが重要です。正しい歯みがきと先生の指示に従った定期健診を受けましょう。
インプラント治療の Q & A
こばやしデンタルクリニック
Q1: インプラント治療は誰でもうけられますか?
A: ほとんどの方が受けられますが、インプラントを埋め込むあごの骨の量が少ない場合は、 骨移植を行ったり、特殊な処置によって、骨の量を増やしてから治療を行うケースもあります。しかし、骨などに大きな問題がある場合や、 アレルギーなど、その他主治医の判断で、インプラント治療が行えない場合もあります。
Q2: 手術には入院が必要になりますか?
A: ごく限られた特別な場合以外は、入院の必要はありません。しかし、普通のインプラント手術でも、手術後2〜3日は安静にしていて下さい。
Q3: 痛みや腫れはありますか?
A: 麻酔をしますから、手術時には痛みはありませんが、手術後は多少の痛みと腫れがでる場合もあります。
Q4: 治療期間はどれくらいかかりますか?
A: 一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、使ったインプラントと人 にもよりますが、平均的には約6〜24週間かかります。その後、上に歯を入れるための期間がかかる場合 と、すぐに入れることができる場合があります。 (骨の状態や歯の本数など、様々な条件により変わりますので、当医院までご相談下さい。)
こばやしデンタルクリニック
Q5: インプラントはどれぐらいもつのでしょうか?
A: インプラントはチタン製でとても丈夫ですので何か問題が起らなければ 半永久的にお口の中で機能します。しかし、歯磨きが十分にできないでインプラントの周りに歯垢がついた状態にしていると 天然歯と同様、歯槽のう漏のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてしまいます。 このようになったインプラントは抜くしか仕方ありません。インプラントを長持ちさせるためには、毎日のホームケアと歯科医院での チェックが重要です。
東京都中央区築地3-4-7 2F 日比谷線築地駅スグ TEL:03-5565-1876
Q6: 治療費はどれくらいかかりますか?
A: インプラント治療を行う本数や治療方法、また上に装着する人工歯の種類、症状の難易度 によって費用は異なります。あくまでも健康保険の対象外、自由診療になりますので、事前に医師とよくご相談下さい。
こばやしデンタルクリニックのインプラント
 
     
    ▲このページのトップに戻る
     
Copyright (C) 2006 KOBAYASHI DENTAL CLINIC, All Rights Reserved